現役の循環器医師と生体信号技術者のコラボレーションによる、
大阪発のベンチャー企業です。
TOP≫プロジェクト

生体信号採取プロジェクト

〜現役医師が提案する、人体と機械を結ぶ“やさしい”インターフェイス〜

実は人の体はロボットと同じく電気制御で動いているのです。

人体を制御している電気信号を体から導き出し、
・人の体や心の様子を知る
・外部のロボット(コンピュータ)のコントロールを通して人間の機能を拡張する
・ロボットの状態や彼が得た感覚(人体が感知できない領域など)を人にフイードバックする

このようなトータルなシステム創りを当社は提案いたします。


心臓  規則的なのに微妙にゆらぐその信号からは、その人の個性、体のようす、そして気持ちのゆらぎを探ります。

筋肉  暴れん坊のその信号からは、体が"実際に動く前"に、その動きをあらかじめ知ることができます。
     また疲れの程度もわかります。

脳波  ゆるやかなさざなみのようなその信号からは、脳の活動レベルを知ることができます。
     またフィードバックはもとより、脳コンピュータI/F への可能性も探ります。

呼吸  インピーダンスにより測定するその信号からは、その人のかくされた"心の波"をさぐります。


  


当社生体信号採取装置シリーズ

   どなたでも簡単にご自分のパソコンでご利用いただけます(ソフト含、各種開発可)。   
各種実験、組み込み、教育研究などでのご使用が可能です。

詳細は以下をクリック


生体信号機能ブロック


筋電虫

 

生体信号アクイジョンシステム
 

耳 蛍




プロジェクト一覧に戻る

TOP