現役の循環器医師と生体信号技術者のコラボレーションによる、
大阪発のベンチャー企業です。
TOP≫会社概要

ごあいさつ
弊社代表取締役をさせていただいております、得丸です。私は長年医療
研究、臨床医科を行ってきた経験から、医療機器の技術水準の高さ・信
頼性の高さを痛感してまいりました。

これらの機器の販売対象は公的機関・研究機関・病院などであり、非常
に高価です。この高価さゆえに、これらのすばらしい技術・機器が医療
以外の分野で普及していかないのが現状です。

弊社はこれらの技術を応用した機器を信頼性は維持しつつ、可能なか
ぎり安価に販売し、新たな市場開拓、分野を限定しない研究の普及を目
指します。

次世代ロボット開発においては生体の状態をシステムに伝えるインター
フェースの必要性は明白であり、研究協力も積極的に行っています。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

代表取締役 得丸 智弘  
 




経営理念・ビジョン

これまで生体信号は医療現場で医者が診断するだけのものであり、高価
な医療機器を用い、専門医によって行われているものであった。その技
術水準は非常に高いものである。

我々の事業は安価で安全な方式で生体信号を収集し、ソフトウェア技術
によりその応用を誰でも簡単に行えるようにするものである。

エンターテインメント性を持たせ、生体信号によるロボット制御などを行う
と共に、人々に生体信号への関心を高めてもらう。

生体信号とは何か、医者はどう活用しているのか?自分の健康管理に
関する一般の人への啓蒙を含めて、「自分の健康は自分で管理する」と
いう認識の普及に努めていく。

また、人とロボットを結び付け、ひいては“人”と“人”を結び付けていく新
たなヒューマンインターフェースの開発・普及を行っていく。

“皆様が健康であり、便利で楽しく快適に過ごせる社会の実現”

我々のめざす事業はあくまで医療ではなく、エンターテインメント事業及び
教育業である。