現役の循環器医師と生体信号技術者のコラボレーションによる、
大阪発のベンチャー企業です。
TOP≫会社概要


保有技術

生体信号の応用は弊社におまかせください!(心電図・脳波・筋電図・生体インピーダンスなど)



生体信号の採取 〜ユビキタスに生体信号を採取します〜

通常の貼付電極による採取はもちろん、シャツなど下着・寝
具・文具・パソコン用品・リモコン・食器等生活用品からの採取
についても研究・試作を行なっております。

また筋電については通常の筋電に加え、筋電を発生させるた
めの運動神経末端からの放電も感知し、大変素早いコントロ
ールが可能となっております。

(実際に体が動く「数百mS前」の感知が可能)
関連する特許: 動的な電極状況の把握(申請準備中) 発光電極(申請済)


生体信号の伝送 〜どこまでも送れます〜


センサからホスト(パソコン)までの伝送は、「無線伝送」を基本としていま
す。(市販のモジュールを採用、見通し30m伝送)

これは人への拘束を最小限にするだけでなく、安全面とパソコンから周り
こむノイズの問題を解消するために行っております。

ホストに伝送された信号は、処理後さらにLAN(無線LAN)等により、遠方
までの再伝送が可能です。



生体信号の処理 〜ユニークに処理します〜

スタッフの保有する医学、生理学(含スポーツ生理学)、生理心理学等の豊富な
知識をベースに、独自の観点から処理を行っております。

なお生データの伝送フォーマットは公開されておりますので、御社にて独自のプ
ログラム開発を行なうことはもとより、御社のハードウェアにダイレクトにデータを
送出することも可能です。

もちろん、弊社にてのソフト開発も請け負います。

弊社における実施例:

・筋電による、ロボット等のリモートコントロール

・生体信号による発光小物(耳蛍筋電虫など)

・自身の保健のために(健康の自己管理、安眠のための環境整備)

・生理信号による、感情(驚き、怒りなど)の変化の把握(好感度、リラックス度判定など)

・メディアアートへの応用(インタラクティブな素早い反映、無意識の反映)



設計方針について

今まで生体信号はもっぱら医療機関において活用されてきました。医療機関ではその測定に100%の信頼性が必要となるため、かなり大がかりな回路設計となっています。
弊社では生体信号を一般の方々に気軽に利用してもらうために、対象を
工学に限定し、徹底的に回路構成を見直し、皆様にご満足いただける
価格で安定供給できるよう、日々努力を重ねております。

しかし、ただ安価な供給だけを目指しているわけではありません。弊社
は常に複数の医師・薬剤師等、医療関係者が運営に協力しており、十
分に安全に配慮しつつ、信頼性の高い(※)装置であることを念頭に設
計を行なっております。

※ 装置(ハード面)の信頼性のみに限りません。生体信号を最初に扱われる場合に、ハ
ム等外来ノイズを生体信号と見誤ることが非常に多いです。これが一般の方を生体信号
から遠ざけている一因でもあります。

弊社では単に装置を販売するだけではなく、電極の設置や操作方法などソフト面につい
ても十分にサポートし、初心者の方が本当に生体信号を検出できるようになるまで責任を
もってフォローいたします。

(ただし、弊社の製品は医療機器ではありません。医療目的のご使用はご遠慮ください




TOP