現役の循環器医師と生体信号技術者のコラボレーションによる、
大阪発のロボットテクノロジーベンチャー企業です。

  製品案内

 
アクイジョンシステム BAQT-0001
操作は簡単、一般的なWindowsPCで使えます。
筋電、心電などの生体微弱電気信号を無拘束で
採取し、無線転送できます。
操縦VTRはこちら

 
高度施設園芸 環境計測制御システム
植物工場・農業用ハウス内での
“無線”環境測定・アラート・制御システムです。


肉牛転倒検知・健康管理システム
出荷前の大切な牛を24時間、
最新のセンサーシステムが見守ります。

 
■  弊社は現役の循環器医師と生体信号技術者とのコラボレーションによる、
    大阪発のロボットテクノロジーベンチャー企業です。
   (大阪ロボットラボラトリー、ロボット起業塾第一期生の会社です)

   研究開発のみならず、細かく市場のニーズにお答えすることをモットーとしています。
   ご遠慮なくご相談くださいませ。
   有償・無償にかかわらず積極的にご協力致します。十分なノウハウがあります。


■ 生体信号に関する研究開発のお手伝い、研究目的などの電極など消耗品の開発・
   販売(既存のもの)が可能です。
    生体電極など消耗品の入手が困難な方や、ご相談などいつでもお受けいたします。

 高度管理医療機器販売・賃貸業(許可番号 NO 4991号) 取得いたしました。


 News&Topics         全てのNews&Topicsを見る


記事掲載情報                 平成28年7月25日

■『日本経済新聞』 

 「牛転倒検知・健康管理システム」に関する記事が掲載されました。
 「牛転倒検知・健康管理システム」の紹介ページへ
 


記事掲載情報                 平成28年3月7日

■『日経産業新聞』

 「高度施設園芸 環境計測制御システム」に関する記事が掲載
 されました。
 「高度施設園芸 環境計測制御システム」の紹介ページへ


イベント参加情報               平成23年7月31日

『KAITEKIのかたち』

 アートと技術の化学反応。
 生きた植物、その囁きを音に変える仕組みづくりを行いました。
 詳細はこちら


記事掲載情報

■『月刊秘伝』 平成22年9月・平成23年4月号

 弊社アクイジョンシステムを用いた筋電研究記事が掲載されまし
 た。研究協力させていただいております。
 詳細はこちら


記事掲載情報                              平成21年7月2日

■『日経産業新聞』

 1面に弊社が掲載されました。
 “ハジメロボットの筋電による操縦” 
 ロボット操縦ビデオ公開中(Click!)